news   Liferayポイント解説 第1回「Liferayとは」

Liferayポイント解説第1回「Liferayとは」では、Liferayの特徴などについて紹介します。

概要

Liferay(ライフレイ)は、オープンソースのWebシステム構築用フレームワークです。各種サービスと連携して「エンタープライズポータルサイト」や「部門別ポータルサイト」などを構築できます。

オープンソースポータルとしては世界でトップシェアを誇ります。

主な特徴

世界シェアトップ

米調査会社ガートナーの調査によると、Liferayはオープンソースポータルでの世界市場シェア1位になっています。コミュニティには7万以上のユーザが登録されています。

導入事例

Liferayはさまざまな分野での導入実績があります。「オーストラリア政府」「アラブ首長連邦政府」など、世界中の多くの企業サイトや政府サイトなどで利用されています。

多様なポータルサイト構築

Liferayは多様なサイトを構築できます。

  • エンタープライズポータルサイト
  • 社内用ポータルサイト
  • 部門用ポータルサイト
  • プロジェクト用ポータルサイト
  • グループ企業用ポータルサイト など

「ユーザ/グループ管理機能」「アクセスコントロール機能」などにより、「大企業の複雑な組織体系」や「部門横断型組織体系」などにも対応できます。

マルチテナント

Liferayは「マルチテナント機能」にも対応しています。1つのLiferayインスタンスに複数の仮想インスタンスを作成して、ドメインごとに管理者やデータベースを設定できます。

この機能を利用することにより、ドメイン名が異なるグループ会社Webサイトを、1つのLiferayサーバにまとめることも可能です。

ポートレット

LiferayのWebページは「ポートレット」という部品(機能コンポーネント)で構成されています。

以下のようなポートレットが90種類以上用意されています。

  • 掲示板
  • スケジュール
  • ブログ
  • ファイル共有
  • ワークフロー
  • ソーシャルコラボレーション
  • 天気予報
  • 株価情報 など

これらのポートレットを、ページにドラッグ&ドロップで設置し、プロパティを設定して利用します。

プラグイン

「プラグイン」とは、機能ごとにまとめられた「ポートレット」の集合体です。

サイト管理者は「プラグイン」単位でサイトへのインストールを行います。インストールされた「プラグイン」に含まれる「ポートレット」をページに設置できます。アップデートも「プラグイン」単位で行います。

プラグインは、大きく以下の2種類に分類されます。

  1. 機能追加用プラグイン—ポートレット
  2. Liferay機能オーバーライド(上書き)用プラグイン—テーマ、テンプレート、フック、extプラグイン など

サイト操作/管理

Liferayでは、ブラウザから以下のような各種サイト操作を行います。

  • サーバ管理
  • ユーザ登録
  • ユーザアクセス設定
  • ページ作成
  • ページ編集(HTMLエディタ)
  • ポートレットをページに配置 など

「ページデザイン」「画面レイアウト」などはドラッグ&ドロップで行えるなど、直感的で分かりやすいGUIで操作できます。ITに詳しくないエンドユーザでもページを作成して編集を行えます。

動作環境

Liferayは、多くのアプリケーションサーバ(Apache Tomcatなど)で動作します。

クラウド対応

「Amazon EC2」「Microsoft Azure」などのクラウドサービスでは、簡単にLiferayを展開して利用を開始できます。

シングルサインオン

SSO(シングルサインオン)システムと連携できます。Liferay(コミュニティ版)でも「LDAP」「OpenSSO」などとの連携を行えます。

開発ツール

Liferayには、開発ツール「Liferay IDE」が用意されています。日本語版「Liferay IDE」も利用できます。

news   Liferayポイント解説 第1回「Liferayとは」news   Liferayポイント解説 第1回「Liferayとは」news   Liferayポイント解説 第1回「Liferayとは」