news   Liferayポイント解説 第4回「Liferayのポートレットとは」

概要

Liferayポイント解説第4回は『Liferayのポートレットとは』です。ポートレットの主な特徴について紹介します。

「ポートレット」とは

「ポートレット」とは、Liferayの画面を構成するユーザインタフェースコンポーネント(機能部品)です。

Liferayのページは、ポートレットの組み合わせで構成されています。各種ポートレットをドラッグ&ドロップでページ上に自由に配置したり、プロパティ設定を行えます。

標準で「コミュニティ機能」「Webコンテンツマネージメント機能」などの70以上のポートレットが登録されています。これらの標準ポートレットは、Liferayインストール後にすぐに使用できます。

既存のポートレットをカスタマイズして使用したり、新規ポートレットを作成することもできます。

「プラグイン」とは

プラグインとは、機能的に関連するポートレットをパッケージしたものです。Liferayサイトへのインストールや削除などは、プラグイン単位で行います。

「Liferay Marketplace」とは

「Liferay Marketplace」はLiferayに組み込めるプラグインを集めたサイトです。500個以上のプラグインが登録されています。

こちらのサイトから使いたい機能(プラグイン)をダウンロードして、Liferayにインストールすれば使用できるようになります。

Liferay Marketplaceサイト

Liferay Marketplace

ポートレットの構成

ポートレットは、主に次の3つの要素で構成されています。

  1. Javaソースコード
  2. 設定ファイル
  3. クライアント側ファイル(jspファイル、cssファイル、jsファイル、画像ファイル など)

ポートレット開発ツール

ポートレットは以下のような方法で開発できます。

サービスビルダ

サービスビルダは、XMLファイルに定義されたサービスインタフェースを元にして、「データベーステーブル作成用SQLスクリプト」「Java API」「WSDD」「JSON」「Hibernate用Javaクラス」などを生成するツールです。

Liferay IDE

Liferay IDEは、Liferayプラグイン開発を支援するEclipse用プラグインです。「プロジェクトウィザード機能」「コーディングサポート機能」「デバッグ機能」「デプロイ機能」などを使用できるため、コマンドラインベースの開発ツールよりも効率的に開発できます。

ポートレット開発フレームワーク

使用可能フレームワーク

各種フレームワークでポートレットを開発できます。

  • Liferay MVCポートレットフレームワーク
  • Apache Struts
  • Spring MVC
  • JavaServer Faces(JSF) など

デフォルトフレームワーク

上記の中で「Liferay MVCポートレットフレームワーク」がLiferayのデフォルトフレームワークです。

主な特徴

  • 軽量フレームワーク
  • 複雑なポートレット処理を隠蔽
  • ポートレットページごとにJSPを作成 など

ポートレット間連携

ポートレットは、他のポートレットが提供しているサービスを呼び出して、連携させることができます。

ただし、ポートレット相互運用規格に適合していなければ連携できません。Liferayが提供している機能を利用する場合には、Liferayが提供するAPIに合わせる必要があります。

news   Liferayポイント解説 第4回「Liferayのポートレットとは」news   Liferayポイント解説 第4回「Liferayのポートレットとは」news   Liferayポイント解説 第4回「Liferayのポートレットとは」