news   Liferayポイント解説 第5回「Liferayのワークフロー機能」

概要

Liferayポイント解説第5回は「Liferayのワークフロー機能」です。Liferayで使用できるワークフロー機能について紹介します。

「ワークフロー」とは

ワークフローとは、一般的には「業務処理手順のルール化」を意味しており、IT分野でのワークフローシステムでは、主に「申請承認プロセス」を指します。

基本的な流れとしては、申請者が「申請作成」を行い、承認者が「申請承認or非承認」を行ないます。

ワークフローシステムのメリットとしては、「申請承認までの迅速化」「管理工数低減」「コンプライアンスの維持/強化」などがあげられます。

Liferayでのワークフロー

Liferayのワークフローは「Webコンテンツベース」です。「作成したコンテンツについて承認を得てから公開する」ことを主眼としています。ワークフローを通じて、チームでWebコンテンツを管理できます。

主なフロー

  1. コンテンツ作成者がコンテンツを作成
  2. コンテンツ作成者が申請
  3. コンテンツ承認者が承認
  4. コンテンツ公開

コンテンツ公開に関して、必ずコンテンツ承認者のチェックが入ることにより、コンテンツを一定以上のクオリティに維持できます。

Liferayで利用できる主なワークフローエンジン

Liferayでは、複数のドキュメントワークフローエンジン(ポートレット)から最適なものを選択して使用できます。

主なドキュメントワークフローエンジンとしては、以下のようなものがあります。

  • 「Kaleo」—Liferay社が提供
  • 「Activiti」—Alfresco社が提供
  • 「jBPM」—JBossプロジェクトが提供

Webコンテンツベースワークフロー「Kaleo」

Liferay社が提供するドキュメントワークフローエンジン「Kaleo」について紹介します。

「Kaleo」は、コンテンツのレビュー方法や公開方法などにおいて、Liferayに深いレベルで統合されています。

対象エディション

Kaleoは、Liferayの「無料CE版(Community Edition)」および「有料EE版(Enterprise Edition)」の両方で利用できます。

ワークフロー機能

さまざまなワークフロー機能が搭載されています。

  • 承認プロセス
  • メール送信
  • ドキュメント更新
  • プラグイン起動 など

Kaleoワークフロー定義の作成

Kaleoワークフロープロセス定義は、XMLファイルで定義を行います。

ポータル管理者は、ポータル全体に適用する複数のワークフロープロセス定義を作成します。各サイト管理者は、ポータルレベルのワークフロープロセス定義をそれぞれカスタマイズしてサイトに適用できます。

ワークフロー管理対象として「ドキュメント」「Wiki」「ブログ」「コメント」など指定できます。

ワークフローは、ワークフローの段階を示す「ノード」と、次のノードがどうあるべきかを示す「遷移」で定義します。複数の承認を通過するワークフローなども定義できます。

Kaleoワークフロー作成GUI(EE版のみ)

Liferayの「有料EE版(Enterprise Edition)」には、ワークフロー定義を作成するためのGUIが提供されています。この機能を利用すれば、XMLファイルの編集を行わずに、コントロールパネルを介して、簡単にワークフローの作成(修正)を行えます。

※Liferay「無料CE版(Community Edition)」には提供されていません。

ユーザ側の使い方

ワークフローで作業が割り当てられたユーザには、ワークフロー作業依頼が通知されます。必要な作業を完了して登録することで、ワークフローが次の段階に進んでいきます。

news   Liferayポイント解説 第5回「Liferayのワークフロー機能」news   Liferayポイント解説 第5回「Liferayのワークフロー機能」news   Liferayポイント解説 第5回「Liferayのワークフロー機能」