はじめに

2016年6月16日に、『LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説』セミナーが行われました。

ユニファイド・サービス株式会社 伊東様の講演について、全3回に分けて紹介していきます。

目次

第1回 「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介①
・「LIFERAY Digital Experience Platform」
  ・現在の一般的システム構成についての問題点:断片化されたシステムと顧客データ
  ・ソリューション:デジタルプラットフォーム統一
  ・目指しているところ
・旧バージョン(LIFERAY 6.2)における問題点
・新バージョン(LIFERAY 7)における主な改善点
  ・シングルページアプリケーションのサポート
  ・Bootstrap2.x から 3.x への移行
  ・HTMLフレームワークライブラリ「Lexicon」

第2回 「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介②
・プラットフォーム
  ・LIFERAYコアのモジュール化
  ・モノリシックからマイクロサービスへ
  ・モジュール分割例)フォームビルダー
・デフォルト全文検索エンジンの変更
  ・高度なモニタリング機能
・Webコンテンツ管理
  ・新しいHTMLエディタ(Alloy Editor)
  ・プレビュー機能
  ・バージョン比較機能
  ・新規ブログ
  ・メンション機能
  ・柔軟なワークフロー設定
  ・メールテンプレートの多言語対応
・有償版のリリース予定

第3回 「オーディエンスターゲティング機能」解説
・オーディエンスターゲティングとは?
・LIFERAY のユースケース
  ・消費者向けWebサイトに求められること
  ・オーディエンスターゲティング機能を加えると  ・・
  ・イントラネットに求められること
  ・オーディエンスターゲティング機能を加えると  ・・
  ・カスタマーポータルに求められること
・LIFERAY CE Audience Targeting
  ・ユーザセグメント可能ルール
  ・ターゲティングコンテンツ設定
  ・アクション追跡機能(キャンペーン機能)

第1回 「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介①

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

Liferay の導入支援や保守サポートについては、こちらへ

Liferay についてもっと知りたい方は、こちらへ

挨拶

ユニファイド・サービスの伊東と申します。

よろしくお願いします。

まず、LIFERAY7について紹介します。

「LIFERAY Digital Experience Platform」

LIFERAY社は、LIFERAY7のことを「LIFERAY Digital Experience Platform」と呼ぶようになっています。

「ポータル」がなくなり、「プラットフォーム」を意図的に使うようになっています。

現在の一般的システム構成についての問題点:断片化されたシステムと顧客データ

LIFERAY社は「現在の一般的システム構成についての問題点」として、このように考えています。

顧客と多くのタッチポイントがあり、それぞれのバックエンドシステムもたくさん存在しています。しかし、それらは、断片化されていて連携/統合が行われていないため、顧客データも分断されてしまっています。LIFERAY社は、このような状態を問題視しています。

ソリューション:デジタルプラットフォーム統一

LIFERAY社は、LIFERAYを「デジタルプラットフォーム統一ソリューション」としてプロモーションをかけています。

LIFERAYは、バックエンドシステムを連携/統合できるため、「すべてのタッチポイントを管理できる」統一プラットフォームとしてアピールしています。

目指しているところ

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

旧バージョン(LIFERAY 6.2)における問題点

旧バージョンにおける問題点について整理します。

問題点

  • 機能がたくさんありすぎる
      →すべてを使い切れない
      →LIFERAY自体が重くなる
  • LIFERAYのコア機能がモノリシック(1つに固められている)アーキテクチャ
      →使わない機能の非表示/削除なども容易には行えない
  • カスタマイズを繰り返し加えていくと、それらがコンフリクト(不整合)を起こしてしまう
  • 1リソース1ワークフローという固定的な設定しか行えない
  • 直感的な操作が行えない
  • 1つのタスクを完了させるための、複数ページ/複数クリックの作業が煩雑

新バージョン(LIFERAY 7)における主な改善点

それらの問題が、新バージョンで、どのように改善されているのかを紹介します。

改善点総数は1750点に及びます。

その中から、主要な3項目を紹介します。

主要改善項目(1) UI(ユーザインターフェース) & UX(ユーザエクスペリエンス)

UI/UXに関して大幅な改善がなされています。

シングルページアプリケーションのサポート

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

必要な時に必要な部分の更新が可能になりました。

Bootstrap2.x から 3.x への移行

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

HTMLフレームワークライブラリ「Lexicon」

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

HTMLフレームワークライブラリ「Lexicon」の提供が開始されました。

UXデザインのガイドライン(テンプレート集)になっています。UIコンポーネント単位のデザインを組み合わせることにより、優れたUXデザインを作成できます。独自カスタマイズも可能です。

サンプル画面1

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

ブログポスト一覧のサンプル画面です。Lexiconサイト上で紹介されています。

サンプル画面2

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

コントロールパネルについてのサンプル画面です。Lexiconのデザインガイドラインに沿った形です。

第2回 「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介②

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

Liferay の導入支援や保守サポートについては、こちらへ

Liferay についてもっと知りたい方は、こちらへ

プラットフォーム

プラットフォームの改善点を紹介します。

LIFERAYコアのモジュール化

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

今までのLIFERAYは「一枚岩(モノリシック)」状態でしたが、今回のバージョンより、「OSGi」というアーキテクチャをベースにすることにより、徹底的なモジュール化が行われています。

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

機能を細かく分割したため、1つ1つのモジュールが大変軽量になりました。また、モジュール単位での更新が可能になったため、メンテナンス性が大幅に向上しています。

機能単位で、複数バージョンの共存が可能になりました。「ブログ機能は旧バージョン」「掲示板機能は新バージョン」などの運用が可能です。

モノリシックからマイクロサービスへ

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

アーキテクチャのマイクロサービス化が進みました。

1つのブログという機能でも、「ブログUI」「ブログAPI」「ブログサービス」という単位で細分化されています。

モジュール分割例)フォームビルダー

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

フォームビルダーのパーツタイプ(Boolean,Date,Textなど)も、モジュール化されています。作成したJARファイルを特定の場所に配置するだけで、独自のパーツタイプを追加できます。

デフォルト全文検索エンジンの変更

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

デフォルト全文検索エンジンが「Elasticsearch」に変更されました。

「分散型」「スケールアップが容易」「検索処理速度向上」「RESTFullAPI」「プラグインが豊富」「エンジニアが急増している」などのメリットがあります。

高度なモニタリング機能

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

「Elasticsearch」の高度なモニタリング機能が無料で使用できます。無料ライセンスでは、1ノードのみに対応しています。

Webコンテンツ管理

Webコンテンツ管理の改善点を紹介します。

新しいHTMLエディタ(Alloy Editor)

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

HTMLエディタが改良され、より使いやすくなっています。ツールバーは、必要に応じて、自動的にポップアップされます。

プレビュー機能

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

プレビュー機能が備わっています。

バージョン比較機能

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

Webコンテンツのバージョン単位での比較を視覚的に行えるようになりました。バージョン1.0と1.2を比較した場合の画面です。青が追加部分、赤が削除部分です。

新規ブログ

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

ブログ登録画面です。テンプレート化されて入力しやすくなっています。

メンション機能

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

SNS系コンテンツについて、メンションが可能になっています。

@記号の入力でユーザ選択をすることにより、「このようなコンテンツの登録がありました」という通知を自動的に送信できます。

柔軟なワークフロー設定

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

フォルダ単位/ドキュメント単位でのワークフロー管理が可能になっています。

メールテンプレートの多言語対応

メールテンプレートが多言語対応されました。

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

有償版のリリース予定

今回のバージョンアップにより、1750を越える新機能/改良が行われています。

「LIFERAY7.0(有償版)」のリリースは、2016年の夏の予定です。

改良が進められているCommunity版で事前に機能検証などをしていただき、夏以降の有償版採用を検討いただければと思います。

以上、LIFERAY7の新機能紹介とさせていただきます。ありがとうございました。

第3回 「オーディエンスターゲティング機能」解説

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

Liferay の導入支援や保守サポートについては、こちらへ

Liferay についてもっと知りたい方は、こちらへ

オーディエンスターゲティングとは?

オーディエンスターゲティングについて紹介します。

こちらは、デジタルマーケンティグラボの用語集より、引用したものです。

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

LIFERAY のユースケース

「オーディエンスターゲティング」機能は、以下の各ユースケースにおいて、非常に有効な機能であると考えています。

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

消費者向けWebサイトに求められること

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

オーディエンスターゲティング機能を加えると・・・

さらに、このような効果を生み出すことを期待できます。

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

イントラネットに求められること

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

オーディエンスターゲティング機能を加えると・・・

さらに、このような効果を生み出すことを期待できます。

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

カスタマーポータルに求められること

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

オーディエンスターゲティング機能を加えると・・・

さらに、このような効果を生み出すことを期待できます。

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

LIFERAY CE Audience Targeting

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

LIFERAY(CommunityEdition版)オーディエンスターゲティング機能「LIFERAY CE Audience Targeting」は、「LIFERAY Marketplace」からダウンロードできます。

3つの機能

大きく分類して、3つの機能があります。

  • 「ユーザセグメント機能」
  • 「セグメントしたユーザに対して、コンテンツを配信する機能」
  • 「それらを分析してレポートを表示する機能」

ユーザセグメント可能ルール

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

ユーザセグメントについて、標準で備わっている「属性/振る舞い」項目です。

  • ユーザ属性(ロール情報/性別/年齢など)
  • セッション属性(OS情報/ブラウザ情報/アクセスされている時間帯/場所など)
  • 振る舞い(サイト内で「どのようなコンテンツページを閲覧したのか」など)
  • Facebook連携(Facebookのユーザプロファイル情報を取得してルールに加える)

独自のルールも追加できます。

ユーザセグメントルール例(1) 日本国内から訪問しているM1層とF1層

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

ユーザセグメントルール例(2) Windows + Chromeを使用して訪問しているユーザ

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

ユーザセグメントルール例(3) 昼食時にサイトを訪問しているWebサイトのメンバー

イントラ用の例です。

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

ユーザセグメントルール例(4) 「人気の旅の目的地」ページを閲覧し「ホノルル」コンテンツを閲覧したユーザ

消費者向けサイトのイメージです。

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

「サイト閲覧済ページ設定」と「閲覧済みコンテンツ設定」でルール化が可能です。

ユーザセグメントルール例(5) 「ランチメニュー」ページを10回以上閲覧したユーザ

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

ユーザセグメントで「食通」というセグメントを追加します。

その際に「スコア属性」(閲覧した数でポイントを付与していく機能)を使います。

10回「ランチメニュー」ページを閲覧したユーザを「食通」セグメントに設定する例です。

ターゲティングコンテンツ設定

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

ターゲティングコンテンツ設定画面です。

まず、ユーザセグメントを設定します。

この例では、「iOSユーザ」セグメントを設定しています。

セグメント別表示設定画面

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

セグメント別に表示するコンテンツの設定を行います。

管理者側は、複数のコンテンツを切り替え表示する設定にできます。

ターゲティングコンテンツ表示(一覧表示機能)

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

コンテンツを一覧表示させることもできます。

ターゲティングコンテンツ表示(キャンペーン期間限定表示機能)

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

該当セグメントに対して、期間限定のコンテンツ表示も可能です。

アクション追跡機能(キャンペーン機能)

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

キャンペーン機能には、「キャンペーン期間中に、どのようなアクションがなされたか」という追跡も可能です。

YouTube動画に対してアクション設定をして、「再生されたタイミング」と「最後まで見たかどうか」を追跡する例です。

レポート表示

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説

追跡結果のレポート表示です。「動画を再生した件数」「動画を最後まで見た件数」を確認できます。

さらに工夫すると、キャンペーンサイトへのリンクをクリックした件数なども確認できます。どのような導線で人が流れているのかを把握できます。

「オーディエンスターゲティング機能」についての紹介は以上となります。ご清聴ありがとうございました。

news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説news   LIFERAY最新バージョン「LIFERAY Portal 7.0」のご紹介と、「オーディエンス・ターゲティング機能」解説