news   Salesforceとも連携する。エンタープライズ向けWebポータル、Liferayのすごい機能 5 1

Liferay最新情報

SUMMARY

  • Liferayは、 簡単操作と高い機能をあわせもつエンタープライズ向けWebプラットフォーム
  • JavaベースのLiferayは、同じJavaベースで構築された社内情報システムと相性がよい
  • Liferayは、既存システムとのインテグレーションが容易で、端末もユーザも自由

オープンソースポータルの世界市場シェア1位を誇り、既存システムとの統合が容易なエンタープライズ向けWebポータル、Liferay(ライフレイ)には、時代のニーズを反映させた多彩な機能が満載です。Salesforceとも連携するLiferayの機能を、とことんご紹介します。

簡単操作と高い機能をあわせもつエンタープライズ向けWebプラットフォーム

2000年にアメリカで誕生したオープンソースのWebプラットフォーム、Liferay(ライフレイ)は、エンタープライズ向けWebポータル(Portal)の草分けとして、年々進化を遂げ、現在、世界各国で25万件以上の導入実績があります。

Liferayには、さまざまな特長があります。

まず、Liferay(ライフレイ)はオープンソースのJavaベースで作られているため、同じようにJavaで構築された情報システムとの連携が容易です。企業内情報システムの多くがJavaで構築されていることを踏まえると、Liferayは、多くの情報システムとの相性がよいソフトウエアであるといえます。

Liferay最大の特長は、機能部品(ポートレット)です。

Liferayには、Webページに必要な機能として、60以上のポートレットが標準搭載されています。ポートレットの設置は、マウス操作で簡単に行うことができます。またページデザインや画面レイアウトは、ドラッグ&ドロップで変更できるなど、直感で操作できるGUIを採用しています。

そして、操作そのものは直感的でありながら、エンタープライズ向けの高機能も兼ね備えているのが、Liferayです。

ポータル(Portal)サイトの骨格となる、コミュニケーションツールとコラボレーションツールを土台にして、企業固有のニーズに合わせたカスタマイズができる管理機能が豊富に備わっているのです。

news   Salesforceとも連携する。エンタープライズ向けWebポータル、Liferayのすごい機能 5 1

Liferay最新情報

既存システムとのインテグレーションが容易で、端末もユーザも選ばない

Liferayは、企業で使われている数多くの既存の業務システムと、容易にインテグレーションすることができます。

一方、企業の既存システムをバックエンドにしたLiferayの豊富な機能は、直感的なユーザーフェイスで社員、パートナー企業、見込み客などさまざまにユーザにアプローチし、パソコン、スマホなど端末を選ばず、Webサイト、Webコンテンツを配信することができます。

Liferay の導入支援や保守サポートについては、こちらへ

Liferay についてもっと知りたい方は、こちらへ

news   Salesforceとも連携する。エンタープライズ向けWebポータル、Liferayのすごい機能 5 1news   Salesforceとも連携する。エンタープライズ向けWebポータル、Liferayのすごい機能 5 1news   Salesforceとも連携する。エンタープライズ向けWebポータル、Liferayのすごい機能 5 1