Liferayの「コンテンツ管理機能」について紹介します。

Liferayとは

Liferayとは、Webシステムを構築するためのオープンソースのポータル製品です。ポータルサイトを実現するために「フレームワーク」「ポートレット(機能部品)」「ポートレット開発環境」などから構成されています。

「社内用ポータルサイト」「対外用ポータルサイト」など、さまざまなタイプのポータルサイトを構築でき、高度で使いやすい統合ポータル機能を提供します。

Liferayの詳細については、こちらを参照ください。

→Liferay Portal(ライフレイポータル)とは

Liferayの主なコンテンツ管理機能

Liferayは、エンタープライズ向けに高度に最適化されたWCM(Web Content Management)をサポートします。

「コンテンツ承認プロセス自動化」「公開/削除スケジュール設定」「コンテンツ操作権限制御」などの機能を活用することで効率的なコンテンツ管理を実施できます。

ページ/コンテンツ管理

ページフラグメント機能

ページフラグメントとは、再利用可能なコンポーネントで、新規ページをすばやく作成するために利用できます。

ページフラグメントはLiferay内のフラグメントエディタで作成できます。また、外部開発ツールで開発したフラグメントのインポートも可能です。

ウィジェットページ機能

ウィジェットページでは、構造化コンテンツとLiferay DXPアプリケーションを混在させたページを作成できます。

ドラッグ&ドロップでアプリケーションの配置や設定を行いながら、ページエディタで実際の配置を見ながら、コンテンツページのデザインをレイアウトできます。

メニューエディタ機能

メニューエディタを使うと、シンプル操作でマルチレベルメニューを作成できます。

ページ差分管理機能

コンテンツ変更の承認のタイミングで、変更前バージョンと比較して変更内容を確認できます。

アセットパブリッシャー機能

「画像」「ブログ」「文書」「Webコンテンツ」などのアセットについて動的表示できます。

サイトデザイン

テーマ設定機能

テーマ設定により、サイトデザインを自由にカスタマイズできます。BootstrapベースのSDKを使用してカスタムテーマを開発できます。

コンテンツ配信

セグメンテーション機能

「サイト上でのアクション」「SNSプロフィール」「ユーザー属性」「セッション属性」などに基づいてユーザーセグメントを作成できます。

オーディエンスターゲティング機能

ユーザーセグメントに対して「コンテンツ」「特定機能」「デザイン」などの最適化配信を行えます。

「ターゲットユーザーセグメント」と「選択されたコンテンツ」の状態を測定することで、コンテンツ配信のさらなる最適化を実施できます。

検索エンジン最適化(SEO)機能

Liferayは、「サイトマップ」「メタデータ」などについて、外部検索エンジン向けに自動的に最適化します。

SEOに影響を与えない動的ページローディングを実現することで、新規ページ公開直後でも検索エンジンによる検索を可能とします。

その他

モバイル対応機能

Liferayは、モバイル開発に対応しています。
・デバイスプレビュー
・モバイル対応テーマ
・モバイルデバイス認識
・モバイルSDK
・ネイティブモバイルアプリサポート
・プッシュ通知サポート など

多言語対応

Liferayは多言語対応および他地域対応をサポートしています。

最後に

ご紹介したように、Liferayは強力なコンテンツ管理機能を提供できます。

弊社にご連絡いただければ、ユーザー様のビジネス環境に最適なコンテンツ管理機能選定と管理フローなども含めたトータルサポートでのご提案も行えます。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

Liferayの導入支援や保守サポートについては、こちらへ

Liferay についてもっと知りたい方は、こちらへ

 

参考元サイト

news   Liferay機能紹介「コンテンツ管理機能」編news   Liferay機能紹介「コンテンツ管理機能」編news   Liferay機能紹介「コンテンツ管理機能」編