Liferayの「モバイルエクスペリエンス機能」について紹介します。

Liferayとは

Liferayとは、Webシステムを構築するためのオープンソースのポータル製品です。ポータルサイトを実現するために「フレームワーク」「ポートレット(機能部品)」「ポートレット開発環境」などから構成されています。

「社内用ポータルサイト」「対外用ポータルサイト」など、さまざまなタイプのポータルサイトを構築でき、高度で使いやすい統合ポータル機能を提供します。

Liferayの詳細については、こちらを参照ください。

→Liferay Portal(ライフレイポータル)とは

モバイルデバイスのビジネスでの活用

日常的にモバイルデバイスをビジネスに活用することは一般的になっています。

「コスト削減」や「生産性向上」を目的としてモバイルデバイスが導入されていますが、モバイルデバイスを導入しただけで活用できていないため、本来出せる成果を発揮できていないケースも多々あります。

導入コストに見合うだけの効果を引き出すためには、業務プロセスとシームレスに連携するモバイルアプリケーションを使用する必要があります。

以前においては、モバイルアプリケーション開発には多額のコストがかかるため、機能的に多少合わなくても利用していたというケースもありましたが、モバイルエクスペリエンスを重視しているAlfrescoはモバイルアプリケーションを効率よく開発できる各種機能を提供しています。

Liferayの「モバイルエクスペリエンス機能」

Liferayは「レスポンシブデザイン機能」「ハイブリッドアプリケーション開発機能」「ネイティブアプリケーション開発機能」などを提供し、ビジネスに合致するモバイルアプリ開発をサポートします。

モバイルインターフェース

レスポンシブデザイン対応

Liferayで構築されたサイトはレスポンシブデザインに対応しています。

LiferayのCSSフレームワークにより、「スマートフォン/タブレット」「デスクトップPC」などの各種プラットフォーム用ブラウザで最適に表示されます。

画像動的調整表示機能

各デバイスの画面サイズに合わせて最適な画像サイズを動的に調整し表示します。

ネットワーク速度調整

画像の読み込み方法を制御できるため、ネットワーク速度が遅い環境でも、それほどストレスを感じさせないように表示パフォーマンス調整を行います。

モバイルアプリ開発

開発フレームワーク「Mobile SDK」

Lifeayは、さまざまなデバイスに対応できるネイティブアプリを構築するための開発フレームワーク「Mobile SDK」を提供しています。

Mobile SDKにより、「ネイティブAndroidアプリケーション」「ネイティブiOSアプリケーション」「Windowsアプリケーション」を迅速に開発できます。

ライブラリ

Liferayが提供する各種ライブラリ(ネイティブモバイルコンポーネント)を利用することで、ネイティブモバイルアプリケーションをすばやく開発できます。

クロスプラットフォームアプリケーション構築

開発者は「Apache Cordova」または「Xamarin」を使用して、1つのコードベースからクロスプラットフォームアプリケーションを開発できます。

PC用に設計されたモバイルサイトやアプリケーションを、ネイティブアプリ用に追加コードを記述することなくレンダリングできます。

最後に

ご紹介したように、Liferayはモバイルデバイスをビジネス活用するための各種機能を提供しています。

弊社にご連絡いただければ「ユーザー様のビジネス環境に特化したモバイルアプリケーション開発」なども含めたトータルサポートでのご提案も行えます。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

Liferayの導入支援や保守サポートについては、こちらへ

Liferay についてもっと知りたい方は、こちらへ

 

参考元サイト

news   Liferay機能紹介「モバイルエクスペリエンス機能」編news   Liferay機能紹介「モバイルエクスペリエンス機能」編news   Liferay機能紹介「モバイルエクスペリエンス機能」編