Liferayで利用できるネイティブモバイルアプリ開発ツールLiferay Screens」+「Liferay Mobile SDK」について紹介します。

Liferayとは

Liferayとは、Webシステムを構築するためのオープンソースのポータル製品です。ポータルサイトを実現するために「フレームワーク」「ポートレット(機能部品)」「ポートレット開発環境」などから構成されています。

「社内用ポータルサイト」「対外用ポータルサイト」など、さまざまなタイプのポータルサイトを構築でき、高度で使いやすい統合ポータル機能を提供します。

Liferayの詳細については、こちらを参照ください。
→Liferay Portal(ライフレイポータル)とは

Liferayでのモバイルアプリ開発

Liferayは、Liferayインスタンスで動作する「Android」および「iOS」対応のネイティブアプリ開発のために「LiferayScreens」と「Liferay Mobile SDK」の2種類の開発ツールを提供しています。

ネイティブモバイルアプリ開発ツールLiferay Screens

概要

Liferay Screens」を利用すると、スクリーンレットと呼ばれるコンポーネントを使用して、ネイティブアプリを開発できます。

→liferay.com →supporting-products →liferay-screens

スクリーンレット

スクリーンレットには、Liferayインスタンスの呼び出しに必要な「コード」+「UI」が含まれているため、AndroidまたはiOSアプリに挿入して構成するだけでLiferayモバイルアプリを開発できます。

スクリーンレットは舞台裏で「Liferay Mobile SDK」を使用してLiferayのリモートサービスを呼び出しを実行しています。「Liferay Mobile SDK」が提供する低レベルのサービス呼び出しを抽象化できるため、シンプルな開発が可能です。

主な機能

「Liferay Screens」は以下のような一般的なタスク用スクリーンレットを提供します。

・ログイン機能
・Webコンテンツ表示機能
・DDLレコード追加機能 など

「特定ニーズに合わせたカスタマイズ」や「独自スクリーンレット開発」も可能です。

ライブラリとして動作

「Liferay Screens」はAndroidまたはiOSライブラリと同等の動きをするため、アプリで利用しているその他のライブラリと両立できます。

「Android Studio」や「Xcode」のような開発ツールで利用でき、既存プロジェクトにも統合できます。

リモートサービス開発ツール「Liferay Mobile SDK」

概要

「Liferay Mobile SDK」は、Liferayのリモートサービスを手動で呼び出すことができるツールです。

「Liferay JSON Webサービス」をラップする低レベルのレイヤーであり、ネイティブモバイルアプリから簡単に呼び出すことができます。

「LiferayコアWebサービス」「Liferayユーティリティ」「カスタムアプリWebサービス」を合理化する方法を提供します。

→portal.liferay.dev →docs →mobile-sdk

主な機能

・認証処理機能
・HTTPリクエスト作成機能—同期または非同期
・JSON結果解析機能
・サーバ側例外処理機能 など

最後に

「Liferay Screens」+「Liferay Mobile SDK」を利用すると、ネイティブ動作するLiferayモバイルアプリを開発できます。

弊社にご連絡いただければ「ビジネスプロセスにマッチするLiferayモバイルアプリ開発」などもご相談いただけます。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

Liferayの導入支援や保守サポートについては、こちらへ

Liferay についてもっと知りたい方は、こちらへ

 

参考元サイト

news   【Liferay個別機能紹介】ネイティブモバイルアプリ開発ツール「Liferay Screens」+「Liferay Mobile SDK」news   【Liferay個別機能紹介】ネイティブモバイルアプリ開発ツール「Liferay Screens」+「Liferay Mobile SDK」news   【Liferay個別機能紹介】ネイティブモバイルアプリ開発ツール「Liferay Screens」+「Liferay Mobile SDK」