Liferay用プラグイン開発ツールLiferay Dev Studio」について紹介します。

Liferayとは

Liferayとは、Webシステムを構築するためのオープンソースのポータル製品です。ポータルサイトを実現するために「フレームワーク」「ポートレット(機能部品)」「ポートレット開発環境」などから構成されています。

「社内用ポータルサイト」「対外用ポータルサイト」など、さまざまなタイプのポータルサイトを構築でき、高度で使いやすい統合ポータル機能を提供します。

Liferayの詳細については、こちらを参照ください。
→Liferay Portal(ライフレイポータル)とは

Liferay Dev Studio」とは

Liferay Dev Studioとは、統合開発環境「Eclipseプラットフォーム」の拡張機能として動作する開発ツールで、Liferay Portalプラグインを効率的に開発できます。

主要ビルドツール「Gradle」「Maven」や、主要構成ツール「BndTools」などと連携して開発できるため、開発生産性を大きく高めることが可能です。

統合開発環境「Eclipse」とは

概要

Eclipse(エクリプス)とは、ほぼすべての言語と多くのアーキテクチャに対応した統合開発環境です。

「エディタ機能」「コンパイラ機能」「デバッグ機能」などが統合されているIDE(Integrated Development Environment)として利用できます。

→eclipse.org →eclipseide

特徴

オープンソースコミュニティによる開発

Eclipse IDEは「Eclipse Public License 2.0」の条件の下でオープンソースリリースされており、世界中の貢献者によって活発に開発が続けられています。

Java 13開発サポート

EclipseIDEはJavaで実装されており、Java開発においては標準的開発環境として利用でき、数々の機能強化と安定性強化が続けられています。

EclipseにはJava開発環境が標準プラグインとして含まれているため、すぐにJavaIDEとして使用開始できます。

Java 13開発をサポートし、改善され続けているJavaエディタでコーディングを実施できます。

多くの言語もサポート

「言語サポート」などのプラグイン機能をデフォルトパッケージに組み合わせることで多様な言語への対応が可能となります。

プラグイン拡張性

EclipseIDEは、「バージョン管理システム連携機能」「デバッグ機能」「プログラムステップ実行機能」「コンパイル機能」など、便利なプラグインが豊富に用意されているため、さらに効率性を高めるために自由にカスタマイズできます。

また、「構文エラー表示カスタマイズ機能」「自動インポート文追加機能」「クラスパス設定機能」など、エディタの機能強化も充実しています。

Liferay Dev Studio」の主な機能

Liferay Dev Studioは、以下の機能を提供します。

・直感的GUI
・Liferayポータルプロジェクト作成ウィザード機能
・エディタ機能—Service Builderファイル、ワークフロー定義、POMファイル
・スニペット機能—タグライブラリ
・Liferayサーバ管理機能
・プロジェクトテスト機能
・プラグイン変更自動展開機能 など

最後に

「Liferay Dev Studio」を利用すると、開発者は使い慣れたEclipse環境でLiferay用プラグインを効率的に開発できます。

弊社にご連絡いただければ「ビジネスプロセスにマッチするプラグイン開発」などもご相談いただけます。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

Liferayの導入支援や保守サポートについては、こちらへ

Liferay についてもっと知りたい方は、こちらへ

 

参考元サイト

news   【Liferay個別機能紹介】プラグイン開発用Eclipse拡張「Liferay Dev Studio」news   【Liferay個別機能紹介】プラグイン開発用Eclipse拡張「Liferay Dev Studio」news   【Liferay個別機能紹介】プラグイン開発用Eclipse拡張「Liferay Dev Studio」