Liferayで利用できるUIフレームワークAlloyUI」について紹介します。

Liferayとは

Liferayとは、Webシステムを構築するためのオープンソースのポータル製品です。ポータルサイトを実現するために「フレームワーク」「ポートレット(機能部品)」「ポートレット開発環境」などから構成されています。

「社内用ポータルサイト」「対外用ポータルサイト」など、さまざまなタイプのポータルサイトを構築でき、高度で使いやすい統合ポータル機能を提供します。

Liferayの詳細については、こちらを参照ください。
→Liferay Portal(ライフレイポータル)とは

AlloyUI」とは

AlloyUIは、高度にスケーラブルなアプリケーションユーザーインターフェースを構築するためのシンプルなAPIを提供します。

「HTML」「CSS」「JavaScript」の3つの設計言語が組み込まれています。

→alloyui.com

「AlloyUI」の主な特徴

オールイン

AlloyUIにはユーザーインターフェースを作成するために必要となる以下の各機能が付属しています。

・テンプレート用ライブラリ—Mustache、Handlebars
・モジュラーロード機能—RequireJS、HeadJS
・MVC構造化機能—Backbone、Ember
・UIコンポーネント機能—jQueryUI、ExtJS など

これらのライブラリ間に混乱はなく、整頓された統一APIで利用できます。

「YUI3」+「Bootstrap」ベース

YUI3

AlloyUIは、リッチでインタラクティブなWebアプリケーションを構築するためのオープンソースフレームワーク「YUI3」の上に構築されています。

→yuilibrary.com

Bootstrap

また、Webアプリケーションフロントエンドフレームワーク「Bootstrap」を使用しています。

→getbootstrap.com

ブラウザサポート

AlloyUIは、ユーザーインターフェースフレームワークとして、ブラウザサポートを重視しています。

ほとんどのモジュールはHTML5のすべての機能を使用しているため、古いブラウザではFlashでフォールバックを提供します。

「AlloyUI」の主な機能

AlloyUIは、モジュールとして多くの機能を提供しています。

→alloyui.com →examples

編集機能

・Ace Editor
・ソート可能レイアウト
・フォームビルダー
・フォームバリデーター
・ダイアグラムビルダー など

ページコンテンツ機能

・ボタン
・カルーセル
・データテーブル
・ビデオ
・オーディオ
・画像ビューア
・ページネーション など

データアクセス機能

DOM

DOM(Document Object Model)とは、HTMLドキュメントやXMLドキュメントをオブジェクトの木構造モデルで表現することで、ドキュメントをプログラムから操作するための仕組みです

AlloyUIは、一連のユーティリティメソッドを介してDOMとの対話を可能にします。

通信制御機能

非同期HTTP要求

Ajaxとは、Webブラウザ内で非同期通信を実行しながらインターフェースの構築を行うプログラミング手法です。XMLHttpRequestによる非同期通信を利用し、通信結果に応じて動的にページの一部を書き換えるというアプローチにより実現しています。

AlloyUIは、このAjaxをサポートしています。

最後に

「AlloyUI」を利用すると、開発者は拡張性の高いアプリケーションユーザーインターフェースを効率的に開発できます。

弊社にご連絡いただければ「ビジネスプロセスにマッチする使いやすいユーザーインターフェース開発」などもご相談いただけます。

まずは、お気軽にお問い合わせください。

Liferayの導入支援や保守サポートについては、こちらへ

Liferay についてもっと知りたい方は、こちらへ

 

参考元サイト

news   【Liferay個別機能紹介】UIフレームワーク「AlloyUI」news   【Liferay個別機能紹介】UIフレームワーク「AlloyUI」news   【Liferay個別機能紹介】UIフレームワーク「AlloyUI」